中高年の薬剤師求人の現状

キャリアアップをしたい・収入を増やしたいなど、40代後半から50代の中高年薬剤師が転職を希望する理由はさまざまです、ただ、20代や30代の転職と比較して、希望通りの求人を見つけるには大変かも知れません。(参考サイト - 薬剤師パート求人

ここでは、中高年薬剤師の求人の現状や転職を成功させるために気を付けておきたいポイントなどをまとめてみました。

合わせて読む:薬剤師の求人を見るときの3つのポイントを解説【茨城県結城市版】

中高年の薬剤師求人の現状

50歳を境に、薬剤師の求人数はかなり少なくなります。一般的には、50歳を超えて転職しようとすると、かなりのキャリアやスキルが求められ、経験なしの転職はほとんどないといっても過言ではありません。一方、薬剤師の場合、40代後半や50代でも求人はあります。

ただ、自分が働きたい職場や、給与などの待遇面が希望通りの求人がなかなか見つからないのが現状です。

中高年薬剤師に多い求人

薬剤師が活躍する主な職場に、病院や調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社があります。

この中で中高年薬剤師に多い求人は、調剤薬局やドラッグストアです。病院は、薬剤師の就職先として人気がありますが、定員がもともと少ない上に病院側もキャリア形成のために新卒を好む傾向があります。

また、薬剤師としていったん病院に就職するとなかなか辞めない傾向があるので、病院薬剤師としてのキャリアを持っていても、違う病院へ転職することは難しくなっています。さらに、製薬会社になると、ベテランの薬剤師が在職しているので、経験があり強いアピールポイントを持っていないと採用は難しいです。

調剤薬局やドラッグストアは、いまだ人手不足が続いているので、中高年薬剤師の求人が出ています。薬剤師は女性の割合が多いので、夫の転勤で他県へ引っ越さなければいけない・出産や育児で仕事が続けられないなどの理由で、どうしてもすぐに薬剤師がほしいというケースが少なくないのです。

子育てや介護が一段落して、比較的働く時間に余裕があるのは、中高年薬剤師の大きな強みと言ってよいでしょう。

中高年ではなぜ薬剤師の求人数が少ないのか?

薬剤師は国家資格なので、中高年になっても求人はあります。ただ、20代・30代と比較すると、求人数は極端に少なくなります。その理由として、以下のことが挙げられます。1つ目は、パソコンや機械の操作が苦手な人が多いことです。

もちろん、パソコンが普及している現代では、中高年薬剤師もパソコンを日常的に扱っている人は多いでしょう。

ただ、自分では大丈夫と思っていても、若いときと比べるとスピードが遅かったりケアレスミスをしてしまうことがあります。調剤薬局では、必ず分包機を使う仕事があります。分包機を使った作業は手間がかかるので、忙しい職場ではやりたがらない薬剤師が多く、調剤薬局に転職したらまず最初に任せられる可能性が高いです。

薬局での調剤業務を経験したことがない場合、操作を覚えるのが大変です。

ミスをするようであれば、頼める仕事がなくなってしまいます。ほとんどの薬局では、薬歴をパソコンで管理しています。パソコンを扱うことが苦手だと仕事が遅くなるだけでなく、何度も同じことを教えなければいけないので手間がかかります。

2つ目は、若い人と比べると仕事を覚えるのが遅いことが挙げられます。新薬がでてくるたびに覚えなければいけませんし、どうしても調剤するのに時間がかかってしまいます。同僚も、自分より年齢が上の中高年薬剤師に注意するわけにはいかず、忙しい職場では人間関係が悪くなってしまう可能性があります。

さらにプライドが高いと、経営者も雇いづらくなるのです。

調剤薬局でも経験がなければ想像以上にたいへん

中高年薬剤師でも、調剤薬局での経験があれば即戦力になり、経営者にとってありがたい存在です。ただ、まったく経験がないと、調剤薬局での仕事はかなりたいへんです。

例えば、カルテには、薬の一般名が書かれますが、医薬品名と異なる場合があり、薬を探すのに時間がかかることがあります。服薬指導の際も、効能や飲むタイミングは印刷された紙を見ながらできますが、本来なら副作用などの情報も提供しなければいけません。

また、薬に関しての質問を医師や看護師から聞かれることがあり、聞いたことがない名前だと動揺してしまいます。このように、薬剤師の資格はあるけれど、調剤薬局で働いた経験がないと、パニックになるようなたいへんな思いをすることがあります。

未経験で調剤薬局に転職を考えているなら、薬の名前や薬効・副作用を一つ一つ覚える覚悟が必要です。ただ、これらのことは年齢に関係なく、調剤薬局に勤務すれば誰でも経験することです。一流の薬剤師としてキャリアを積みたいと考えているなら、チャレンジする価値は大いにあります。

中高年薬剤師が転職に成功するポイント

上述のように、薬剤師でも中高年からの転職は難しくなっています。転職を成功させる方法は、いくつかのポイントがあります。1つ目は、転職を繰り返さないことです。求人に応募する際に、履歴書や職務経歴書を送りますが、これまでの転職履歴がたくさんあると、不採用になる可能性があります。

なぜなら、転職が多い人は、せっかく仕事を覚えても辞めてしまうかも知れないと思われるからです。2つ目は、余計なプライドは捨てることです。中高年の薬剤師は、さまざまな経験を積んだ人も多いでしょう。ただ、転職を成功させるには、過去のプライドを捨てる必要があります。

給与や条件もこれまでより低くなる可能性があるので、過去の華やかな栄光にすがっていては煙たがられてしまいます。3つ目は、忙しい科目の調剤薬局は避けることです。小さい調剤薬局でも、取り扱う科目次第で、1日に100枚以上の処方箋を処理しなければいけないことがあります。

特に調剤に慣れていない方は、耳鼻科や小児科は避けた方が無難です。耳鼻科は花粉症の季節には患者で混雑しますし、小児科もノロウイルスやインフルエンザのシーズンはとても混み合います。さらに、水剤や粉剤が多いので、分包など細かな作業が必要になります。

転職サイトを利用するのも一つの方法

中高年の薬剤師が一人で転職先を探すのは、時間や手間がかかります。せっかく求人を見つけても、希望とかけ離れていてがっかりすることもあるかも知れません。そのようなとき、経験豊富なスタッフがいる転職サイトを利用すると、さまざまなサポートが受けられるのでおすすめです。

たくさんの求人を持っているので、希望の職場が見つかる可能性が高くなります。